読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lonelyness everyday

輝いた明日があるはずもないくせに

黒夢:xxxx THE FAKE STAR@国立代々木競技場 第一体育館

  1. BEAMS
  2. Spray
  3. gossip
  4. BARTER
  5. masochist organ
  6. 『sister』
  7. 解凍実験
  8. カマキリ
  9. MIND BREAKER
  10. DRIVE
  11. C.Y.HEAD
  12. BAD SPEED PLAY
  13. REASON OF MYSELF
  14. Walkin' on the edge
  15. Bass Solo
  16. 優しい悲劇
  17. ミザリー
  18. Paraphilia
  19. MASTURBATING SMILE
  20. FASTER BEAT
  21. SPOON&CAFFEINE
  22. HELLO, CP ISOLATION
  23. YA-YA-YA!
  24. CANDY
  25. ROCK'N'ROLL
  26. 後遺症-aftereffect-
  27. Sick

 

EN.1

  1. DISTRACTION
  2. Suck me!
  3. FAKE STAR

 

EN.2

  1. 少年
  2. MARIA
  3. NEEDLESS
  4. LIKE@ANGEL 

 

観たかったバンドが復活しすぎでどうすればいいのかわかりません・・・

好きな曲オンパレードで感無量でした

 

会場に着いたのは14時頃

物販の列が凄まじいことになっていました

 

会場内にはHYDEGLAY、シド、abingdon boys schoolMORRIEさんなどなど大物アーティストからのスタンド花

メリーファンの友人と、メリーからはないねえと残念がっていたんですが、タイミングよく正面からまさかの本人…†

ライブ前に心臓が止まります


間もなく開演です、のアナウンス終了直後、息つく間もなくSEが始まり、しばらくして客電が落ちて、女のひとの声で

「Wing...Light...Music...」

と流れて黒夢と書かれた幕がばっと落ちました

 

そして始まったBEAMS、Bメロを原曲から少しアレンジしていたんですが、それがすごく好みで

セットも衣装も全てが白く、圧倒されます

そして清春は白いパーカーのフードを頭から被っていたんですが、モニターにアップで映った清春は、ソロとしての清春ではなく黒夢としての清春で、まだ1曲目なのに幸せに押し潰されそうになりました


gossipやmosochist organなどの初期の曲を経てからの解凍実験、毎回

Ice melt into」

Blood tears in this world

Ice melt into blood tears

とバックドロップに出ていてかっこよかったです

シャウトで宣言された

冷凍されたある人間の心臓を

ガスバーナーで解凍せよ

直ちに解凍せよ

もかっこよすぎました

 

そして次のサイレンからのカマキリも、

EASY

MONEY'S

ISLAND

MESSAGE

がバックドロップに出つつ、清春がシャウトしつつでした

 

数曲激しい曲が続いたあと、REASON OF MYSELF、Walkin' on the edgeと少し落ち着いたところで人時のBass Solo

そして再び登場した清春は黒パーカーとキラキラのスカジャン?にお色直し

ギリギリ2月に間に合ったので優しい悲劇を演ってくれました、感無量です

 

その後ROCK'N'ROLLで

「あと3曲!後悔すんなよ!」

とコールがかかり、後遺症 -aftereffect-、SICK -1997 BURST VERSION-で本編が幕を閉じました

途中でパーカーを脱ぎ、短髪+ターバンの最強コラボになったので、かっこよすぎてつらくてどうしようかと思いました

 

アンコールでは白のパーカーに戻った清春、何故か赤いフレームのサングラスで登場します

「今回きっかけがあって再始動することになったんだけど、一夜限りの復活解散ライブとかやっといてぬけぬけと復活しちゃってすいません」

「調子に乗ってると、インターネットで根暗なやつがジクジクジクジク言うんで……もっと言います!相手にしちゃって小さいなーとか言われるかもしれませんけど、そうだよ、小さいんだよ俺!」

「喜ばしく思わない人がいてもかまわないです」

「今日び、純粋に馬鹿になって大暴れできるバンドなんて、俺ら以外にいないんで」

「僕も42歳、人時も38歳、でもこういう人がいてもいいよね」

「すでに歴史に残る日になってると思います」

など、本編とは打って変わっての饒舌なMCを挟みながらDistraction、Suck me!、そしてお待ちかねFAKE STAR

 

2回目のアンコールではさらに攻めのターコイズブルーの麦わら(中折れハット?)で登場

もう完敗です、白旗です、耐えきれません…帽子浮きすぎです。゚(゚´ω`゚)゚。

「5月にシングルを出します、たぶん」

「今年1年、年末まで、観に来れるうちに観に来といてください」

「新しいものを作って、 昔活動してた頃とか、今までのことを踏みにじるような活動をしていきます」

「変わって、変わって、変わり続けます」

「それが復活した証というか、意味だと思うので」

「でも皆が愛してくれた曲もやっていくんで、安心してください」

とのぼちぼちまとめのMCをしつつ、少年、MARIA、

「昨日聴いてたら泣けちゃった」

NEEDLESS、そして、

「今こそ、天使の羽根で破壊せよ!!!」

から間髪入れずのドラムで始まるLIKE@ANGEL 

 

清春が歌う黒夢ではなく、紛れもなく黒夢黒夢でした