lonelyness everyday

輝いた明日があるはずもないくせに

DIR EN GREY:TOUR2013 TABULA RASA@神戸国際会館

SE.狂骨の鳴り

  1. DIFFERENT SENSE
  2. Unknown.Despair.Lost.
  3. 輪郭
  4. 「欲巣にDREAMBOX」あるいは成熟の理念と冷たい雨
  5. Bottom of the death valley
  6. DIABOLOS
  7. 蜜と唾
  8. CONCEIVED SORROW
  9. かすみ
  10. 霧と繭
  11. Unraveling
  12. OBSCURE
  13. 冷血なりせば

 

EN.

  1. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
  2. THE FINAL

 

今日は喉の調子が良さそうで、のびのびと(というとなんか違う気がしますがw)歌っていました…よかった

転換のときも、しゃがまずに立っていたのでほっとしたというか、やっぱり昨日は最初つらかったんだなあと思うと…(ノД`。)

今日も本編はアイメイクしていたんですが、左目だけ白コン入れてました

昨日はいきなりの金髪短髪アイメイクで1曲目がかすみだったので若干違和感があったんですが、今日は業始まりだったのですごくしっくりきました

OBSCUREも金髪にメイクが似合いますね

今日はTHE BLOSSOMING BEELZEBUBがなかったせいかCONCEIVED SORROWでシャツを頭からかぶっていたんですが、そのときもシャツの間から黒い目元が覗いてゾクゾクしました

 

アンコールではすっぴんで、どれだけ笑顔なの本編のキレキレ顔はどうしたのっていうくらい笑顔を振りまいていてとりあえず死亡⊂⌒~⊃。Д。)⊃

暁の最初のサビで先走ってしまい心夜とすごくズレたんですが、なんとかすぐ修正できてひと安心

激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇のときに下手の花道まで来てくれたんですが、今日はマイクコードに引き戻されることもなく、

Dive like hell and destroy

のところをシャウトしてステージに戻ってくれました

上手の花道では虜とタッチしてたかな?

 

輪郭のときの敏弥さん、今日は最初はアンプに肘を置いてもたれかかっており、ギターが始まるとともにベースを鞘に納めながらモデル歩きで前方へ来てスッとベースを抜き弾き始めるという、なんばHatchのときからさらに進化したような動きでした

モデル歩き似合いすぎてつらいです

Bottom of the death valleyはいつも通り静かに弾き始めたんですが、急にベベベンッ!と掻き鳴らされてビクっとしました…その後は何事もなかったかのように続きを弾き、京くんが歌い始める前に鎖骨の前で小さく十字を切って少し祈るような仕草

下手の花道に遊びに来てくれるときは、正面ステージとの間に障害物があるらしくベースを持ち上げて乗り越えていたんですが、ステージに戻る前にどうしても弾かなきゃいけない部分があったらしく一旦停止して1歩後退して1音だけベンッと鳴らして戻って行ったのがかわいくてかわいくて…

敏弥かわいいです

 

そしてBottom of the death valleyの心夜さん、音源でいうと1:05まで出番がないじゃないですか…だからか1:05~1:24のドラムの迫力は本当にやばいです

威圧感というか覇王色身につけちゃったんじゃないんですかって感じです…かっこよすぎる…

かすみのときも特にすばらしい叩きっぷりでしたというか全曲全瞬間かっこよすぎて列挙できないです

スティック投げに下手と上手の花道に来てくれてそれだけで幸せ