読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lonelyness everyday

輝いた明日があるはずもないくせに

sukekiyo:sukekiyo 二〇一四公演「別れを惜しむフリは貴方の為」@京都劇場

f:id:xnxyxnxlx:20150707212616j:plain

 

SE.destrudo

  1. aftermath
  2. elisabeth addict
  3. hemimetabolism
  4. latour
  5. hidden one
  6. nine melted fiction
  7. 304号室、舌と夜
  8. 烏有の空
  9. scars like velvet
  10. the daemon's cutlery
  11. vandal
  12. 斑人間
  13. zephyr
  14. mama
  15. in all weathers

 

京都最終日、幕が開くと既に京くんもスタンバイしていました

ノーメイクに、aftermathのPVで着ていた紺色に白ドット+赤い柄のシャツでした

 

latourの

降り積もる後悔が涙と喘ぐ

の部分、DIR EN GREYだったら絶対マイクを離して絶叫してたなあという空気感で、シャウトするときの表情をしながらも普通に歌い上げていて、京くんが大切にしているsukekiyoの世界観を感じることができた気がしました

 

続いてhidden one、今日は歌詩は間違えていませんでしたが、最後から2番目のサビを

「見透かされてるのは貴方」

に変えていました

 

終盤に入ってzephyr、

夢幻

の部分からUTAのギターが始まっていて、ギターを弾き始めるまでは口パクで京くんと一緒に歌っていてとても素敵でした

 

mamaが終わると京くんが一旦捌けて、残った4人でアンサンブルをしていました

新曲なのか、SEなのか気になるところ('ω')

アンサンブルが終わる頃に再びすたすたと登場し、今日は少しイントロが長めで締めは普通だったin all weathersを歌ったあと、3日連続の

「おやすみ」

で終演

 

初日が収録曲順通りで、そこから変化していったのでとても自然に観ることのできたライブでした

アルバムを収録曲順に再現してくれるライブ、アルバムツアーでは初日だけでもやってほしいなあなんてこっそり思っています