読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lonelyness everyday

輝いた明日があるはずもないくせに

有限と微小のパン

有限と微小のパン (講談社文庫)

有限と微小のパン (講談社文庫)

S&Mシリーズ最終作です

前作に引き続き物語の場所がちょうど長崎で、森先生未来予知なの?!と盛り上がって読み始めたんですが、もう最後エヴァ並に頭がこんがらがって終わりました

話の筋だけ掴もうという斜め読みは絶対にできない作品です

わたしも今度は騙されないようにしっかり読んでたつもりだったんですが、途中からやっぱり先が気になってしまい…またゆっくり読まなくちゃ(白目)

 

萌絵ちゃんはだいぶ人間らしくなったなあと思いました

人間らしいというのが四季博士に言わせればそもそも…なんでしょうけれどもw

 

結局犀川先生と萌絵ちゃんを誰が演じるのが妥当であるかという問題は解決せず、でしたʕ´•ﻌ•`ʔ

妻夫木くんを髪ボサボサにしたら良さそうな気もしたんですが、喜多先生がよりイケメンでモテるという設定だったので難しいです