lonelyness everyday

輝いた明日があるはずもないくせに

DIR EN GREY:TOUR2013 TABULA RASA@なんばHatch

 

SE.狂骨の鳴り

  1. DIFFERENT SENSE
  2. DECAYED CROW
  3. 輪郭
  4. Unknown.Despair.Lost.
  5. Bottom of the death valley
  6. THE BLOSSOMING BEELZEBUB
  7. 蜜と唾
  8. CONCEIVED SORROW
  9. かすみ
  10. 霧と繭
  11. Unraveling
  12. AGITATED SCREAMS OF MAGGOTS
  13. 冷血なりせば

 

EN.

  1. 獣慾
  2. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
  3. THE FINAL

 

今日は前回よりも御機嫌だったのかな?

よく煽り、よく煽ってくれました!

ただし大阪ー!男ー!だけで女煽りなしw

そして輪郭も同期ミスもギターミスもなく、順調に始まりました

敏弥がベースを脇に抱えるというか、刀を鞘にしまっているような感じで立っていて、ベースが始まる直前にそのエアー鞘からベースを抜いて構えていたのがツボでした

輪郭のサビの心夜さんはかっこよすぎてつらいです

業の最後のタタンタタッタタタッターン!!!を叩き終わったあとターン!!!!のまま動きを止めるのもかっこよすぎてぶっ倒れそうです

真後ろでスモーク大量に焚かれているのにまったく意に介してなさそうな心夜さんが好きです

喉痛くなったりしないんでしょうか…

 

それにしてもBottom of the death valley、今のところ今回のツアーで1番好きです

今日のバックドロップは雪景色で、これもまた曲にすごく合っていました

敏弥がベースを弾いたり抱き締めたりするの、好きだなあ

 

今日の京くんは、DECAYED CROWの「Understand?」というデスボ部分を

「あんだーすた~ん?」

地声で歌って(?)みたり、Unravelingの

ダイヤと無垢な雫

のダイヤのところで人差し指をこのかがみんみたいな感じでピッと立ててみたり、

f:id:xnxyxnxlx:20130412002032j:plain

獣慾のときに

「ここまで響くように」

と指示してみたり、THE FINALでの最後のサビコーラスで、メロディーが変わった

手の中には愛すべき人さえも

「人さえも」

から自分で歌ってみたりと、なんだか先生みたいでした

サビ全部をわたしたちに歌わせるのはまだ不安なのかなあなんてw

Unravelingは今日はキレのいいダンスを見せてくれていました

やっぱり前回はおすまししてたんですねw

あとアンコールで久しぶりというか前回のなんばHatchぶりにPAUL&JOEのチーターの紺色シャツを着ていました

やっぱりかわいい

 

かすみのときに

無溶

くけ

なて

の部分だけ、白字でバックドロップに出てきました

バックドロップに文字が出てくると思わず注目してしまうので、記憶に残っていいなあと思います